がんセンター看護師の採用基準

がんセンターTOP >> がんセンター看護師の基礎 >> がんセンター看護師の採用基準

がんセンター看護師の採用基準

高齢社会が深刻となり平均寿命も大幅に伸びているなか、がんにかかる患者さんも多く、現在がんは日本の死因のトップとなっています。しかし、医療技術の発達のため決して不治の病といえる病気ではなくなりました。がん治療の礎である機関がんセンターでも、看護師の需要は大きく質の高い看護師の確保が必要とされます。これまで、公立系の病院では看護師の採用年齢が低く設けられているところも多かったですが、現在は、看護師が不足していることもあり、経験のある質の高い看護師を求め、なかには募集年齢の上限を60歳までと高く設定しているがんセンターもあります。

それでは、がんセンター看護師の採用基準には実際どのようなものでしょうか?がんセンターへの就職は人気が高く、転職を希望される看護師も多いですが、専門性も高く経験、技術、知識が要求されるため、志望しても簡単に就職できるわけではありません。しかし、がんセンターは定期的に看護師を募集しているため、自分の志望する職場の採用基準を把握しチャレンジすると良いでしょう。看護師の選考方法は書類審査、作文試験、人物試験(面接)となっているところがほとんどです。

実際にがんセンター看護師に求められる基準として、もっとも重要なことは「がん看護への興味と熱意」です。がんセンターはあくまでも、最先端のがんの治療、研究を専門的に行っている施設であり、そこで働く看護師もがん看護をしたいという強い信念と積極的な姿勢が必要とされます。ほかにも重要な基準として、「看護に対する向上心があること」です。日々、がんに関する医療は進歩しており、それに付随してがんセンターで働く医療スタッフ、そして看護師にも継続した知識、技術の習得が求められます。がんセンター看護師として働く以上は終わりのない勉強が続くといっても過言ではありません。

そして、がん看護はそれぞれの場面や、分野に応じても専門性の高いものになっており、本人の意欲によっても、専門看護師、認定看護師等スキルアップ、キャリアアップの道もあります。そして、がんで亡くなる方が多いことも事実であり、死と直面している患者さんへの看護、また家族への精神的フォローなども看護師の重要な役割であり、自分もその場面に応じて冷静に対応するという精神力も必要であるため、日々の生活の中で「人間性を高めること」も必要になってきます。

こうして、採用基準をみてみると看護師経験が長い方が有利なように思えるかもしれませんが、新卒も採用することも多いことから、けっしてその限りではありません。信念をもちチャレンジしてください。

がんセンターの看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆ 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター看護師求人ランキング All Rights Reserved.