がんセンター看護師になるメリット

がんセンターTOP >> がんセンター看護師の基礎 >> がんセンター看護師になるメリット

がんセンター看護師になるメリット

看護師として働く場所としては、さまざまな専門性に応じた職場があります。なかでもがんセンターは過酷な職場ですが、それにもかかわらず選ぶ理由は何でしょうか?実際に看護師のあいだでもがんセンターは人気の高い職場です。がんセンター看護師を志望する動機としてはまず、がんは日本人の死因のトップであり、今までよりもさらにがんの知識を身につけたい、そして、最先端施設であるがんセンターで研究や開発に関わりスキルアップ、キャリアアップをしたいからなどがあります。ほかにも、身内ががんで亡くなったことがきっかけとなりがん看護に興味を持った、一般病棟でがん患者と関わったことでがんセンターに転職したなどもあります。

がんセンター看護師になるメリットとしては、やはり第一に「給料面(月給、ボーナス、年収)が充実していること」といえます。実際、がんセンターの募集要項などを見てみると他の病院に比べると少なく感じるかもしれませんが実はそうではありません。なぜなら、準公務員であるがんセンター看護師の給料は、入職時点では低めでも確実に昇給していくため、長く勤務するといずれは民間病院とは逆転するからです。また、各種手当も充実しており、給料以外でプラスとなる部分が大きいこともあります。そして、実際の給料ではありませんが「福利厚生が充実していること」も大きなメリットです。

がんセンターは国を代表する機関であり、優秀な人材を集めるため福利厚生を充実させているなどもあります。福利厚生が手厚いと、家賃手当であったり給料以外にプラスされる、病院の食堂を格安で利用できるなど自分の財布から出ていくお金を節約できるため、給料が高いのと同じでしょう。そして、がんセンターはいずれも大規模な病院であるため、たくさんの部署があると同時にまた多くの看護師が働いています。そのなかでも、キャリアアップし、スキルを身につけることで役職手当、資格手当なども加算されます。福利厚生の一種として、ママさんナースへの支援が大きいこともいわれています。出産、育児などによる休暇は一般病院ですとだいたいが1年ですが、がんセンターのなかには3年まで認められているところもあり、どのがんセンターも院内保育園をもっており遅い時間まで預かってくれる延長保育などにも対応してくれます。

ほかにも、「最先端の医療技術に触れることができる。」「スキルアップに必要な条件や環境がそろっている。」「死因トップのがんという疾患にたずさわる現場で働くことで看護師としての充実感がえられる。」などたくさんのメリットがあります。

がんセンターの看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆ 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター看護師求人ランキング All Rights Reserved.