がんセンター看護師の残業

がんセンターTOP >> がんセンター看護師の基礎 >> がんセンター看護師の残業

がんセンター看護師の残業

ただでさえ過酷な看護師の仕事内容。そこにプラスして残業時間、働く時間が長くなると疲れがとれることもないため、「残業時間が多い」ことは看護師の退職理由の上位となっています。日本看護協会の看護職員調査によると月平均の残業時間は10時間以下が34.1%と一番多く、続いて月10〜20時間が25%となっています。残業時間が多く心身ともに疲労困憊することで正しい判断ができないなど、重大な医療事故にもつながりかねません。

しかし、病院における看護師の残業の実態などはクチコミなどでしかわからず、求人票や病院のホームページでは一般に公開されないことが多いですが、公務員に準ずる勤務体制をとっているがんセンターでは、就業規則にそって余裕をもった人員配置や勤務時間等も法律で決められているため、一般的には残業は少ないと言われています。しかし、どこでも同じでしょうが、勤務予定だった看護師が急に体調をくずしたり、予期せぬ出来事で欠勤することになったりすることで、残業は発生しやすくなりますし、患者さんの重症度に応じてもやむをえず、残業が発生することはあります。しかし、その場合でも残業手当はしっかり請求できるというところが多いので安心です。一般病院でも残業は少ないところもあり、国立病院でも残業が多いところがあるため病院の特性、状況、時期などによりそれぞれ変化することがあると考えるべきでしょう。

実際にがんセンターで働く病棟看護師の声としては、「人員が豊富なため、病棟によりまちまちですが、月4時間程度」とするところもあり「毎日平均1〜2時間残業がある」とされているところもあります。それ以外にも残業ではありませんが、がんセンターという特性から日々の勉強会、研修会などで居残りが多くなるケースもあり、帰る時間が遅くなるなどありますが、ほかのスタッフとコミュニケーションをとる大事な機会であり、仲よくなれるなど肯定的な声もあります。がんセンターでの勤務は厳しいですが、これも自ら希望し就職した場所であるため自身のスキルアップと考え、充実した日々を送っている看護師も多いです。

このように、がんセンターの看護師は、準公務員という優遇された環境で働けるため一般病院の看護師にくらべて、人員配置も充実していることから残業時間も比較的少なく、残業をしたとしてもサービス残業にはならないこと、また、勉強会、研修会のため勤務終了後の居残りも、病棟スタッフとのコミュニケーションの場であり、自分自身のスキルアップ、キャリアアップととらえられる看護師が多いことが多いことがわかります。

がんセンターの看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆ 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター看護師求人ランキング All Rights Reserved.